胃がんの予防

できることなら発症する前に予防したいものです。胃がんの原因には食生活と喫煙、ストレスやピロリ菌といったものが考えれられるので、これらを見直すことによって胃がんが発症しないように予防することができるでしょう。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

胃がんの予防について

定期的な検診によって早期発見を努めることも大切ですが、日常生活を見直し生活習慣を改善することは胃がんの予防に大きくつながります。

まずはやはり食生活の見直しです。塩分を控え、熱いものや辛いものなど刺激物の取りすぎに注意します。

そして発癌物質を抑制するといわれるビタミンC、E、Aやβ-カロチンといった成分の多く含まれる食品を意識して取り入れるようにしバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。

またタバコは肺癌だけではなく胃がんの発症にも大きくかかわりがあるといわれています。特にアルコール常飲者がタバコを吸うことによって発癌物質が大きく作用し胃がんを発症する可能性が高くなるともいわれています。

また胃がんの要因であるピロリ菌は病院で検査して治療を行うことができますから、特に50歳以上の人たちは専門医で調べてもらうようにしましょう。

胃がんイメージ

胃がん検診

毎年1回定期的に胃検診を行うことで安心を手に入れることができます。胃がんの検診にはバリウムと呼ばれる胃X線検査、胃カメラと呼ばれる胃内視鏡検査、そしてペプシノゲン検査、ヘリコバクターピロリ検査といったものがあります。

中でも胃X線検査や胃内視鏡検査は胃がんの発見にとても有効な検査だといわれています。会社などの健康診断でも胃X線検査が行われている場合があります。

胃X線検査はバリウムと発泡剤を飲んで胃の中をX線によって調べていく方法ですが胃がんの検査としてとても有効だといわれています。

また胃内視鏡検査は内視鏡を口から挿入し、胃の中を見ていく検査方法で小さな病変まで見つけることができる検査方法です。

ペプシノゲン検査やヘリコバクターピロリ検査は胃がんを直接見つける検査ではありませんが、胃がんの予防にも大切な検査のひとつです。

内視鏡検査である胃カメラは最近では鼻から挿入する方法やカプセルなども開発されていますがまだまだ管を口から挿入するという方法を行っている医療機関が多く、とてもつらいものですが、胃がんを早期発見するためには有効です。

バリウムによる胃X線検査だけでは発見されない癌もあるので、気になる症状がある場合は専門医を受診し医師に相談して内視鏡検査を受けるようにしましょう。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区
HOME | 胃がんの予防と検診 | 胃がんの治療と手術 | 胃がんの転移と生存率 | 若年層に多いスキルス性

 

Copyright 胃がんの治療法や生存率について All rights reserved.

privacy