胃がんの転移

初期の胃がんであれば転移の可能性はそれほど大きくありません。でも進行した胃がんは近くにある大腸や肝臓そして膵臓(すい臓)などに転移する可能性があります。またリンパ節への転移そしてリンパの流れによって肺や卵巣にまで転移してしまうこともあります。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

胃がんの転移について

胃がんは小さな細胞からゆっくりと増殖し分裂し進行していく病気です。進行すると筋肉まで癌細胞が広がりどんどんスピードを速めて他の臓器に転移していきます。

最も多い胃がんの転移はリンパ節転移で早期の胃がんでも転移が認められるケースもあります。

胃がんの中に胃壁の中で増殖していくスキルス性胃がんというのがありますが、この胃がんの場合は発見された時点でかなりの可能性で転移されています。

胃がんが他の臓器に転移してしまうと当然ながら転移した臓器に障害を及ぼしてしまい、更なる治療が必要となってきます。もしもリンパ管に転移が見られる場合は胃の癌細胞と同時にリンパ管まで切除しなければなりません。

胃がんイメージ

胃がんのステージと生存率について

どんな癌にもステージがあり発見時のステージによって予後に大きな違いが現れてきます。

胃がんのステージは大きく分けるとステージ0から始まりステージ1、2、3に分類されています。

胃がん全体の生存率で見ると約70%という数字になっていますが早期胃がんであるステージ0で治療を始めた場合の5年生存率は100%となっています。

ステージ1は癌が形成された状態でさらに広がり状態によって1A期と1 B期に分けられていますが、この段階の5年生存率は約80%となっています。

また胃壁の粘膜全体に癌細胞が広がりリンパ節にも転移が認められるステージ2の場合ならぐ〜んと下がって約50%の生存率、そして末期にあたるステージ3では約10%といった大変低い数字となってしまいます。

このように胃がんのステージは癌の深さと転移によってステージが決まり、発見されたときのステージによって生存率に大きな開きがあります。

ステージが早ければ早いほど生存率も高くなり、転移や再発の心配も少なくなります。現代の医学なら胃がんは早期発見し治療を行えば、ほとんどといってよいほど完治することのできるのです。ですから検診などは積極的に受けるように心がけ、早いステージの発見ができるようにしましょう。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区
HOME | 胃がんの予防と検診 | 胃がんの治療と手術 | 胃がんの転移と生存率 | 若年層に多いスキルス性

 

Copyright 胃がんの治療法や生存率について All rights reserved.

privacy