若年層に多いスキルス性胃がん

スキルス性胃がんというものがあります。胃がんは主に50代以降に多く見られる癌ですが、スキルス性胃がんは30代から40代の女性に多く発症するといわれています。スキルス性胃がんは女性ホルモンで増殖するため妊娠と重なると癌が急激に悪化するといわれています。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

若年層に多いスキルス性胃がん(つづき)

あの胃がんでなくなったアナウンサーの逸見さんもスキルス性胃がんだったといわれています。スキルス性胃がんは発見がとても難しく、手術も困難だといわれる胃がんの中でも最も悪性の癌だといわれています。

もちろんスキルス性胃がんも胃に発症してしまう癌ですが、癌細胞が胃の粘膜の表面に現れずに胃壁の中で広がっていくというとても厄介な癌です。

胃の粘膜に変化が起きないまま癌が進行していくので発見が難しく進行も早い癌だといわれています。胃がん発見に効果的だといわれる内視鏡検査でも初期での発見は難しく、胃壁全体が硬くなって初めて病変に気付きそのときには約60%の人に転移が見られています。

スキルス性胃がんの治療では外科的治療により胃全摘出に伴い脾臓や膵臓の一部を切除しますが、目に見えない部分に癌が潜んでいる事が多くあり、再発する確率も高い癌です。

ではスキルス性胃がんを早期発見するためにはどうしたらよいのでしょうか。内視鏡で胃の粘膜の異常は見つけにくいですが、スキルス性胃がんには胃が縮むという特徴があるので、毎年レントゲンを採って前の年と比較することによって早期に発見することが可能になります。そのためにも年に1回同じ医療機関を受診し検査を受けるといいでしょう。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区
HOME | 胃がんの予防と検診 | 胃がんの治療と手術 | 胃がんの転移と生存率 | 若年層に多いスキルス性

 

Copyright 胃がんの治療法や生存率について All rights reserved.

privacy