胃がんとは?

胃がんは誰もが患う可能性を秘めている癌です。最近では胃がんは減少傾向にあるといわれていますが、それでも肺癌についで2番目に発生率が多いといわれている癌です。男女比で見ると男性のほうが多くなっています。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

胃がんについて

40歳以降になると発症率が高くなり特に50歳後半から60歳代で発症する人が最も多いと言われています。

胃は人間の身体の中で食べ物を貯蔵し消化吸収をサポートする役割を果たしているとても大切な臓器です。ちょっとした胃の痛みやむかつきなどといった不快感を覚えた場合はためらわず専門医を受診して、検査を受けるようにしましょう。

また胃がんは初期症状が現れにくい癌のひとつでもあるので、定期的な胃カメラやバリウムといった検査は必ず受けるように心がけましょう。医学の進歩に伴い日本では胃がんを克服した人たちは数多くいます。

最近では胃がんのさまざまな治療法が行われていますが、どの治療方法も早期発見することが今後の生活に大きな違いを及ぼします。胃がんは早期発見なら治る可能性の高い癌ですからちょっとした身体の異変を見逃さないようにしましょう。

胃がんイメージ

胃がんの初期症状

胃がんを克服するために大切なことは、初期症状を見逃さず早期発見し、早期治療を行うことです。

胃がんは初期症状が現れにくく人間ドックや胃の検診などで発見されるというケースも数多くあるようですが、自分の体調や家族の体調に十分気をつけていれば、胃がんの初期症状に気付くことができるはずです。

胃がんの初期症状には食欲不振や腹部の不快感、胸焼けや吐き気などがありますが、これらの症状って疲れや食べすぎ、ストレスなどでも感じることの多い症状のため、つい見逃してしまうといった場合が多いようです。

ですからもし倦怠感や胃の違和感、食欲不振、胃の痛みなどを長く感じるようでしたら、専門医を受診し胃カメラなどの検査を行うようにしましょう。

胃がんが発見された人たちの多くは、初期症状もなく、検診によって初めて発見されたというケースが多くあるようです。

中には何の自覚症状もなく胃がんが進行していたとう人もいます。自覚症状が現れるようになってからでは完治も難しい状態になってしまうので、ちょっとした初期症状に注意して自分の身体を胃がんから守っていきましょう。

胃がんは早期発見して治療を行えば治る可能性の高い病気です。現在では胃がんの定期的な検診を行っている人たちが増えてきていて、早期発見が多く見られるため死亡率も低くなってきています。特に発症率が高くなる40歳以降の人たちは年に1回は検診を受けるようにしましょう。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区

胃がんの原因について

日本人でも多くの人たちが患っている胃がんですが、原因のひとつに食生活があるといわれています。日本人が欧米人に比べ胃がんの発症率が高いのは、塩分の取りすぎが大きな原因だといわれています。

日本人の食生活では塩だけではなく醤油や味噌など塩分を多く含んだ食品を毎日の食生活で使用しています。国内でも塩辛い味付けを好む地方のほうが胃がんの発症率が高いのです。塩分の多い食事を毎日食べ続けることで胃の粘膜に炎症を起こしやすくなり胃がんが発症してしまうといわれています。

食生活では焼き魚などの焦げたものの摂取も胃がんを発症する可能性があるといわれています。また熱いものや辛いもののとりすぎ、早食いやアルコールの飲みすぎも胃がんの原因になるといわれています。

このような食べ物やタバコ、ストレスなどによって胃の細胞核の中にある遺伝子が傷つけられ癌が発症すると言われています。

そのほかには日本人の50歳以上の人の80%以上が保菌しているといわれるヘリコバクター・ピロリ菌があります。慢性胃炎や胃潰瘍を引き起こし、胃がん発症につながっているといわれています。

ピロリ菌は、日本人の50歳以上の人の約80%の人が罹患しているといわれています。これは幼少期に感染するため戦後の衛生状態の悪い飲料水で育った人たちが感染しているためと言われています。逆に衛生状態の良い環境で育った若い人たちに感染者は少ないといわれています。

ピロリ菌っていう言葉は最近良く耳にするようになりましたが、この菌の存在は100年も前から報告されています。そして近年ではこのピロリ菌が胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因となるということが明らかになってきています。

実際に胃がんになった人の90%以上がピロリ菌陽性者となっています。またピロリ菌感染者の胃潰瘍などの再発率が多く見られるという報告もあります。ピロリ菌の有無を検査するには内視鏡の際に行う方法と、検査薬を飲む方法、血液検査によるものなどがあります。

まずは信頼の置ける医療機関でピロリ菌検査を行い陽性と診断された場合は、ピロリ菌除菌などの治療を行うようにしましょう。ピロリ菌の除菌には抗生剤と制酸剤が用いられており、これらを飲むことによって90%という高確率でピロリ菌が陰性となっています。 50歳以上の人でいつも胃に不快感がある人などはピロリ菌に感染している可能性もありますから、検査を行い治療するとよいでしょう。

また胃がんは遺伝するなんていうこともよく耳にします。遺伝的な要素がないわけではありませんが、どちらかというと家族が同じ食生活を行っていることから食事や嗜好の類似によって胃がんが発症しやすいといったことが多く見られるようです。

芸能人も多数利用、TVで紹介された人間ドック
『主治医が見つかる診療所』で紹介。半日コース、ホテル食事宿泊付プラン、レディースドックなども。
血液検査自宅で簡単にガン検査『血液検査キット』
厚生労働省から承認済。指先から少量の採血で、癌や生活習慣病、感染症などの検査が可能。
人間ドックなら横浜健保センター
およそ半日で検査結果が出て医師の面談まで終了するプランが人気。
人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック・日帰りドック・一泊ドック・生活習慣病健診など。東京都新宿区
HOME | 胃がんの予防と検診 | 胃がんの治療と手術 | 胃がんの転移と生存率 | 若年層に多いスキルス性

 

Copyright 胃がんの治療法や生存率について All rights reserved.

privacy